外壁塗装とは?

外壁塗装と外壁リフォーム似たような言葉ですが、何が違うのか説明をしていきます。
まず外壁塗装は外壁の塗装がメインとなります。
つまり色褪せた外壁の色を塗り直して新品同様にすることです。
外壁塗装をするだけでも色褪せた外壁からきれいな外壁になりますので、見栄えがよくなります。
一方で、外壁リフォームは外壁を塗り直すだけではなく、必要に応じて補修や修繕、交換をおこなう工事を指します。
長期間風雨にさらされて外壁をきちんと修繕することでさらに家の寿命を延ばすことができます。

費用的には外壁塗装の方が安上がりで済みます。
雨漏り等の修繕などをするのなら外壁リフォームの方がいいようです。
外壁リフォームをすることで、10年先15年先まで安心して住むことができます。
外壁塗装は工務店へ依頼するのが一般的です。
個人で外壁塗装をおこないますと高確率で失敗をします。
まず色むらができます。
同じ壁なのに色むらできますし、濡れていない場所もあります。
さらに2階などの塗装をする際に怪我をする可能性もありますし、ペンキの入ったケースを蹴飛ばして隣の家をペンキまみれにしてしまう可能性もありますので、プロに依頼した方が安上がりで済むことがあります。

外壁リフォームに関しては個人の力ではリフォームをすることはできませんので、しっかりとプロに依頼しなければいけません。
数十年以上住むのであれば、専門の業者に任せて安心を購入した方が安全です。
今回は、外壁塗装をする際の注意点などを説明します。

Copyright © 2014 外壁塗装と外装リフォームの違い All Rights Reserved.